近年、病院を利用せず避妊薬を通販で購入される方が増えてきております。当サイトでは避妊薬を扱う通販サイトの価格比較や効果、安全性についてまとめております。通販で避妊薬の購入をお考えの方は是非チェックしてみてください。

避妊と錠剤タイプの女性ホルモン剤の販売価格の相場

医薬品の分類の中に女性ホルモン剤と呼ばれるものがあります。これは有効成分として合成黄体ホルモンと合成卵胞ホルモンが含まれている医薬品で、女性特有の疾患の治療や避妊薬としてよく用いられています。女性ホルモン剤は合成卵胞ホルモンの含有量に応じて、高容量、中容量、低容量の3種類に分けることができ、各カテゴリーにおいてたくさんの製品が販売されています。
では、錠剤タイプの女性ホルモン剤の1箱あたりの価格の相場は、いったいどのようになっているのでしょうか。
多くの女性にとって最も身近な女性ホルモン剤は低容量の製品で、ピルと呼ばれているのはこの種類の製品です。低容量の女性ホルモン剤の価格は、日本国内で製造・販売されているものであれば1,800~2,500円程度が相場ですが、国外のものだと日本円で1,000円前後で手に入れられる製品もあります。
一方、中容量の女性ホルモン剤は、低容量の製品が普及するまで避妊薬として用いられてきた製品ですが、こちらの種類の製品を手に入れる場合、日本製のものだと2,200~4,000円程度が相場で、外国製のものだと通販サイトで1,500円程度で販売されているものがあります。
低容量と中容量の製品は避妊で用いられますが、高容量の製品は緊急に避妊したい場合以外は避妊目的で用いられることはほぼなく、専ら疾患を治療するために用いられます。薬の価格も低容量の製品や中容量の製品と比較してかなり高く設定されています。
上記の価格の相場はあくまで薬代のみのものです。日本製の女性ホルモン剤を手に入れる場合、すべて処方せん医薬品に指定されていることから、入手するには診察料などの薬代以外の費用も考慮する必要があります。

避妊に処方してもらう低用量ピルと酢酸プロピル

望まない妊娠は、女性の心と体を傷つけます。
日本では、避妊するためにコンドームを使う人が多いのですが、コンドームによる避妊は、失敗することもあります。
女性が主導権を握って避妊できるのが、ピルを使った避妊方法です。
ピルは、正しく服用することで、ほぼ100%の避妊効果があります。
ピルは、避妊だけでなく、生理痛や生理不順の改善も期待できます。
最近は、ホルモンの量が少ない低用量ピルが登場しており、体への負担も少なくなっています。
ピルは、卵巣から分泌される卵胞ホルモンと黄体ホルモンと同じものが化学合成されています。
そのため、ピルを服用すると、排卵後と同じ状態を作り出すのです。
低用量ピルは、飲み忘れを防ぐために、毎日決まった時間に飲む習慣をつけた方がいいです。
低用量ピルを手に入れるためには、医師の処方箋が必要となります。
ピルの処方だけでなく、婦人科の病気にかかった時のために、信頼できる婦人科を見つけておくことが大切です。
ピルを飲み忘れた場合は、飲み忘れが24時間以内ならば、気付いた時に1錠服用します。
そして、服用を決めている時刻にも1錠服用します。
ピルの服用に不安がある場合は、躊躇せずに担当の医師に相談した方がいいです。
最近は、カウンセリングを行っているクリニックも増えているので、気軽に相談することができます。
酢酸プロピルは、溶媒として利用されている化学物質です。
無色透明で、独特の香りがします。
そのため、香料としても利用されています。
酢酸プロピルは、引火性があります。
強酸などとの接触によって、爆発や火災を起こす危険があるので、取扱いには注意が必要です。
酢酸プロピルを摂取すると、中枢神経や肝臓に影響が出ることがあります。

避妊薬で膣内の炎症や膀胱炎になりやすいって本当か

女性にとって、いざという時に頼りにできるのが避妊薬です。辛い月経を整えることで正常な状態にしたり、ここはと言う時に月経を回避出来たりしますので、快適な日常生活を送る上で大きな役割をします。ただ、良く耳にするのが避妊薬を服用してから、よく膣内部が不快感が生じる、膀胱炎になると言った声です。もともと女性の体の構造は、外部と膀胱が接している部分が多く、菌とさらされています。ですので、菌が侵入しやすいという一面もあります。また、女性は体が冷えやすく、血行が悪くなりやすいので菌を排出させる機能も落ちたり、負けてしまう環境になりやすいという面もあります。そのような状況で避妊薬でさらになりやすくなるのかと言うと、そんなことは医学的には証明されていません。避妊薬と膀胱炎膣内炎症とは、必ずしもイコールではありません。服用したからと言って、その様な疾病にかかる可能性が上がることはありませんので安心して下さい。細菌が侵入しにくくなるように、常に衛生面では気を付けるようにしましょう。また、注意したい点は膀胱炎や膣内炎症になった時です。治療するためには多くの場合、抗生物質を使って治します。抗生物質と避妊薬の相性が悪い、効果が十分に発揮されないこともありますので、事前に医師に伝えておくと良いでしょう。念のためには一旦、避妊薬は中止しておき、抗生物質での治療に専念、きちんと完治してから避妊薬を再開する方が良いでしょう。こうすれば効果が十分ではないという事態は避けられます。再開する時はまた、一からのスタートとなりますが、それでも予想しなかった副作用や成分が吸収されにくいなどのトラブルを避ける意味では安心できます。

オリンピック選手も使っている避妊薬ピルを通販で購入

今年はオリンピックイヤーということで、スポーツに興味を持っている人も多いでしょう。
オリンピックでは、様々な国や地域の選手が数多く滞在することになりますので、選手村については避妊具などが用意されていると言われています。
予定の無かった妊娠を避けるために、日常的にも用いられている医薬品として避妊薬があります。
性行為を行う前にあらかじめ避妊薬を服用しておけば、妊娠を回避できますので計画的に性交渉を楽しむことが可能となります。
望んでいない妊娠を避けることに有効性の高い、経口避妊薬としては低用量ピルがあります。
コンドームを装着した際における避妊は、2%から15%の確率で失敗すると言われています。
それと比較すると低用量ピルを服用することのほうが、確実性の高い避妊が行えるメリットがあります。
ピルを服用したときには、21日間服用を続けて、その後7日間おやすみします。
女性の生理周期は28日間でワンクールとなりますので、それに合わせる形で服用を行うことになります。
低用量ピルの場合には、1つのシートに21錠の薬が含まれています。
生理痛で悩んでいる人にとっても、ピルを服用することで鎮痛作用が得られます。
ピルを服用することで、子宮がんや卵巣がんなどの病気を発症するリスクを軽減できるというデータもあります。
ピルを入手するために医療機関を受診して、医者に処方してもらうことは手間がかかってしまいますので、手軽に手に入れたいという人も多いでしょう。
そのようなときには、インターネット通販の方法を利用する手段があり、医薬品を個人輸入の方法で海外から取り寄せて販売をしているサイトがあります。
インターネット通販であれば、病院に行けない理由があるときでも、手軽にピルを購入することが可能になります。

避妊薬が購入できる通販サイトの実態

まだ結婚する予定がない、結婚している場合でも子供はもう少し先にしたいという場合はしっかりと避妊を行っておくことが大切です。予期せぬときに妊娠してしまうことは女性の体にも負担がかかりますし、堕胎もできることなら避けたいところです。

それゆえに男性側もしっかりと協力し、避妊具なども活用するようにしたいですが、もしもの破損ということもありますので、それだけではまだ安心はできません。
より確実に避妊を行うのであれば、やはり女性側が経口避妊薬を飲むとことも考えてみてはいかがでしょうか。

低用量ピルは婦人科などで処方してもらうことができますが、できればより安く入手したい、医療機関に行かずに入手したいと考える人もあるのではないでしょうか。
低用量ピルは一般的なドラッグストア、薬局で購入できる薬ではありませんが、最近は通販で購入する人も増えています。
そして、この場合も大手通販サイトなどで購入できるというわけではなく、薬の購入は個人輸入という形となります。

それゆえ、避妊薬を販売しているサイトは個人輸入代行業者ということとなります。
海外サイトから直接薬を購入するのには不安がある、手続きが難しいという場合もありますが、こうした業者なら面倒な手続きはすべて代行で行ってくれますし、サイトも日本語表記ですので、誰でも手軽に海外の医薬品、サプリメントなどを購入することができます。

そして、最近はこうしたサイトが増えていますが、正規品を入手することが大切ですので、業者の評判はしっかりと調べ信頼ある業者を選びましょう。
薬は正しい使い方をすることも大切ですので、使い方をよく理解しておくこと、副作用についても確認しておくようにしましょう。

避妊薬の通販は違法じゃないの?

避妊目的のために服用するピルは、基本的には婦人科などの医療機関で処方されるのが通常ですが、場合によってはネット通販などで海外から個人輸入することも可能です。

ピルは、避妊以外にも様々な効果が期待できます。

例えば、子宮内膜症や更年期障害、月経困難症やPMSなど、女性ならではの症状などの緩和に有効だとされています。

また、子宮体がんや卵巣がんを始めとする卵巣の病気、乳がんなどの発生リスクを下げる効果もあるとされているので、避妊目的ではなくピルを服用している人も増えてきています。

しかし、重い生理痛やPMSなどで病気と認定されれば保険適用ができますが、本来は保険適用ができずに自由診療となるため、医療機関で処方してもらうとなると2~3万ほどかかることもあるため海外から輸入して手に入れる人も少なくありません。

ただ、本来は医者の処方でしか手に入れられないものをそんな風に個人で輸入するのは違法ではないのかと不安に思われる人も少なくないでしょう。

日本の薬事法では、個人が自分で使用する分の規定量だけの購入であれば、処方箋がなくても買いが気から個人輸入することは問題はありません。

けれども、海外から個人輸入するとなると手続きが複雑になるため、ほとんどの人は個人輸入代行サイトなどを利用して購入するようです。

ほかの人に売ったり譲る目的で購入するのは違法ですが、自分で使用するだけなら海外から購入しても問題ないと考えて良いでしょう。

通販を利用して購入するときには、万が一トラブルがあっても自己責任になりますので、サイトを選ぶ際には慎重に行い、決済方が選べることや所在地や連絡先がきちんと記載されているサイトを選ぶようにしましょう。