近年、病院を利用せず避妊薬を通販で購入される方が増えてきております。当サイトでは避妊薬を扱う通販サイトの価格比較や効果、安全性についてまとめております。通販で避妊薬の購入をお考えの方は是非チェックしてみてください。

避妊薬を服用しているときに飲んではいけないハーブ

避妊方法の中でもっとも効果が高いとされているのが、女性ホルモンを利用した避妊薬であるピルです。
ピルには二つの女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれており、二つのホルモンが脳下垂体に働きかけることで排卵を抑制して、子宮内膜を変化させて受精卵を着床しにくくし、子宮頸管の粘膜を変化させることで精子を子宮に入り難くするという働きがあります。
ホルモンの働きによって、月経周期が正しく28日周期に整えることができるようになり月経不順の治療効果のほか、月経困難症の軽減、子宮内膜の治療効果、女性特有のがんのリスクを減らしたりするなどの効果を期待することができます。
使い方は毎日決まった時間に服用するだけで、効果を発揮します。
高い避妊率とさまざまなメリットのあるピルですが、ハーブと併用して飲むことには注意が必要です。
生理痛などの婦人病に昔から使われてきたチェストベリーは、ホルモン中枢である脳下垂体に直接働きかける作用があり、女性ホルモンの黄体ホルモンを分泌を促す働きがあり、ほかの成分によってエストロゲンとの分泌を整える働きがあります。そのためホルモンを含んだピルを併用するとホルモンバランスの崩れに繋がります。
ほかの飲んではいけないハーブとしては、セントジョーンズワートがあります。セントジョーンズワートには、脳の神経伝達物質のバランスを整えて気分の落ち込みなどを和らげることで。うつ病や不安障害などを改善すると考えられています。しかし、セントジョーンズワートは肝臓での薬剤代謝酵素に影響を及ぼして、ほかの医薬品の血中濃度を変化させてしまい、薬の効き目が弱くなったり副作用が強く出てしまう可能性があるため注意が必要です。