近年、病院を利用せず避妊薬を通販で購入される方が増えてきております。当サイトでは避妊薬を扱う通販サイトの価格比較や効果、安全性についてまとめております。通販で避妊薬の購入をお考えの方は是非チェックしてみてください。

避妊薬の通販は違法じゃないの?

避妊目的のために服用するピルは、基本的には婦人科などの医療機関で処方されるのが通常ですが、場合によってはネット通販などで海外から個人輸入することも可能です。

ピルは、避妊以外にも様々な効果が期待できます。

例えば、子宮内膜症や更年期障害、月経困難症やPMSなど、女性ならではの症状などの緩和に有効だとされています。

また、子宮体がんや卵巣がんを始めとする卵巣の病気、乳がんなどの発生リスクを下げる効果もあるとされているので、避妊目的ではなくピルを服用している人も増えてきています。

しかし、重い生理痛やPMSなどで病気と認定されれば保険適用ができますが、本来は保険適用ができずに自由診療となるため、医療機関で処方してもらうとなると2~3万ほどかかることもあるため海外から輸入して手に入れる人も少なくありません。

ただ、本来は医者の処方でしか手に入れられないものをそんな風に個人で輸入するのは違法ではないのかと不安に思われる人も少なくないでしょう。

日本の薬事法では、個人が自分で使用する分の規定量だけの購入であれば、処方箋がなくても買いが気から個人輸入することは問題はありません。

けれども、海外から個人輸入するとなると手続きが複雑になるため、ほとんどの人は個人輸入代行サイトなどを利用して購入するようです。

ほかの人に売ったり譲る目的で購入するのは違法ですが、自分で使用するだけなら海外から購入しても問題ないと考えて良いでしょう。

通販を利用して購入するときには、万が一トラブルがあっても自己責任になりますので、サイトを選ぶ際には慎重に行い、決済方が選べることや所在地や連絡先がきちんと記載されているサイトを選ぶようにしましょう。