近年、病院を利用せず避妊薬を通販で購入される方が増えてきております。当サイトでは避妊薬を扱う通販サイトの価格比較や効果、安全性についてまとめております。通販で避妊薬の購入をお考えの方は是非チェックしてみてください。

避妊薬で膣内の炎症や膀胱炎になりやすいって本当か

女性にとって、いざという時に頼りにできるのが避妊薬です。辛い月経を整えることで正常な状態にしたり、ここはと言う時に月経を回避出来たりしますので、快適な日常生活を送る上で大きな役割をします。ただ、良く耳にするのが避妊薬を服用してから、よく膣内部が不快感が生じる、膀胱炎になると言った声です。もともと女性の体の構造は、外部と膀胱が接している部分が多く、菌とさらされています。ですので、菌が侵入しやすいという一面もあります。また、女性は体が冷えやすく、血行が悪くなりやすいので菌を排出させる機能も落ちたり、負けてしまう環境になりやすいという面もあります。そのような状況で避妊薬でさらになりやすくなるのかと言うと、そんなことは医学的には証明されていません。避妊薬と膀胱炎膣内炎症とは、必ずしもイコールではありません。服用したからと言って、その様な疾病にかかる可能性が上がることはありませんので安心して下さい。細菌が侵入しにくくなるように、常に衛生面では気を付けるようにしましょう。また、注意したい点は膀胱炎や膣内炎症になった時です。治療するためには多くの場合、抗生物質を使って治します。抗生物質と避妊薬の相性が悪い、効果が十分に発揮されないこともありますので、事前に医師に伝えておくと良いでしょう。念のためには一旦、避妊薬は中止しておき、抗生物質での治療に専念、きちんと完治してから避妊薬を再開する方が良いでしょう。こうすれば効果が十分ではないという事態は避けられます。再開する時はまた、一からのスタートとなりますが、それでも予想しなかった副作用や成分が吸収されにくいなどのトラブルを避ける意味では安心できます。