近年、病院を利用せず避妊薬を通販で購入される方が増えてきております。当サイトでは避妊薬を扱う通販サイトの価格比較や効果、安全性についてまとめております。通販で避妊薬の購入をお考えの方は是非チェックしてみてください。

避妊に処方してもらう低用量ピルと酢酸プロピル

望まない妊娠は、女性の心と体を傷つけます。
日本では、避妊するためにコンドームを使う人が多いのですが、コンドームによる避妊は、失敗することもあります。
女性が主導権を握って避妊できるのが、ピルを使った避妊方法です。
ピルは、正しく服用することで、ほぼ100%の避妊効果があります。
ピルは、避妊だけでなく、生理痛や生理不順の改善も期待できます。
最近は、ホルモンの量が少ない低用量ピルが登場しており、体への負担も少なくなっています。
ピルは、卵巣から分泌される卵胞ホルモンと黄体ホルモンと同じものが化学合成されています。
そのため、ピルを服用すると、排卵後と同じ状態を作り出すのです。
低用量ピルは、飲み忘れを防ぐために、毎日決まった時間に飲む習慣をつけた方がいいです。
低用量ピルを手に入れるためには、医師の処方箋が必要となります。
ピルの処方だけでなく、婦人科の病気にかかった時のために、信頼できる婦人科を見つけておくことが大切です。
ピルを飲み忘れた場合は、飲み忘れが24時間以内ならば、気付いた時に1錠服用します。
そして、服用を決めている時刻にも1錠服用します。
ピルの服用に不安がある場合は、躊躇せずに担当の医師に相談した方がいいです。
最近は、カウンセリングを行っているクリニックも増えているので、気軽に相談することができます。
酢酸プロピルは、溶媒として利用されている化学物質です。
無色透明で、独特の香りがします。
そのため、香料としても利用されています。
酢酸プロピルは、引火性があります。
強酸などとの接触によって、爆発や火災を起こす危険があるので、取扱いには注意が必要です。
酢酸プロピルを摂取すると、中枢神経や肝臓に影響が出ることがあります。